パタパタパタパタ家

アメリカ南部ちょっと都会の郊外に住むパタ家のお話です。

登校拒否やろーVS鬼母

先週のとある朝の出来事

朝何かしょーもない事で機嫌を損ねた俺様
(この日は、二人とも学校の日。。。)

母は、朝から弁当作りに朝ご飯の用意におわれていました。

そこで、始まった。。。

いやなっ!(○`ε´○)攻撃
(本人は『嫌だ!』っと言っているつもり。)

(  ̄д ̄;)ノ適当にあしらう母。

そこで

母「そんな『嫌だ』ばっかり言っていると学校行けないよ~」

っと言ってしまった。。。

それが、俺様の頭にインプット

。。。約1時間後。。。。

やっとこさ、機嫌を取り直した俺様から発した言葉

俺様「トぅデーい、アイ、ステーイ ひあー」
(要するに、Today I stay here...要するに今日は家にいます。

ぎょっっっっっΣ(゚д゚;)

なんですって?


学校行かない!っと平然とした顔で言いやがったっ!

我が家の俺様!!!!!!!

母、チ→→( ̄Д ̄;)→→ン

私のフリータイムーーーー(TーT)

って、まず一番に頭に過った鬼母。。。

☆☆★ここで、パタ家の教育方針★☆☆
 私たち夫婦は、子供達の嫌がる事を強要しない。
 例えば嫌がるのに無理矢理習い事をさせない。というような事。。。
 だからと言って、すぐに「はいそうですか」というのはしない。
 もちろん、それまでに話して説明する。。。
 というのは、嫌がっているのに習い事に通わせたり、勉強させても身にならないと思うので、、、
 昔夫がバヨリンを習っていたらしく、本人は全く興味がなかったので、
 その時間になると逃亡したりしたらしい。
 しかし、その後ギターやドラムに興味を持ち独学で学んだらしくそこそこの腕をあげたとか?!


しかしっ!

母も強行突破に乗り出したっっっっっ!

それは?!

絶対楽しい事をしないっ!

っとなんともショボイ作戦。。。∈(´Д`)∋

母の思惑通り、、、若干3歳の俺様、、、

1時間後に、、、

「プリスクール行きたいっ!」

っと言い出した!

よっしゃーーーー( ´,_ゝ`)

31歳の鬼母>若干3歳の俺様

何が嬉しいって、MY timeを取り戻したことじゃなくって、、、、

最近押され気味だった俺様に私の頭脳作戦で負かしてやったことよっ!

優越感( ̄▽ ̄)v

って、ショボイ私。。。(涙)




スポンサーサイト

 育児奮闘

0 Comments

Leave a comment