パタパタパタパタ家

アメリカ南部ちょっと都会の郊外に住むパタ家のお話です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

バイバイ!あぷちぇ!

この題名からして察して頂けましたでしょうか?

分かるかー!?っと?(笑)
ユ○コリンなら分かるはず・・・(笑)

あぷちぇとは、ベイビーサミヤン語のおしゃぶりでございます。

と!?言いますとー∑( ̄Д ̄;)

そうですっ!2歳10ヶ月にしてやっとこさ、、

おしゃぶり卒業致しました( ´ ▽ ` )ノ


トニヤンの時は、寝る時だけおしゃぶり。を3歳までしておりました。

トニヤン自身もおしゃぶり=赤ちゃんと思っていたので、

+サミヤンも産まれたのもあり、、

意外にすんなり話すと理解して卒業できました。

が・・・

俺様サミヤンは、そんなに簡単じゃなかった。。。

 母「もうサミヤンBig Boyっ!
   
   ビンキー(おしゃぶりの俗語です。binky)バイバイねっ!」

 トニヤン「そうだよ~!僕は、Big Boy!

から、(涙)Noビンキーでしょ~ サミヤン!」

 と、KYトニヤンが参戦する。正に戦友であるっっっ

 サミヤン『・・・(考えている様子!)・・・』

 母『でかしたぞっ!トニヤン!!(●´ω`●)ゞ』(ニヤリ)

 サミヤン「サミヤン ベイビー!(^・^)」

     「サミヤン ビンキー


 チーーーーーーン(T△T)説得一瞬で終了。



本来ならここで挫ける母であるが、、、

母無い知恵絞って考えてみた。

 プリスクールに迎えに行くと常にビンキーがお口にない

           +

 しかも、送って行くと絶対欲しがる環境なのに、欲しない。
 (おしゃぶりって子供の精神安定剤的な物で不安になると欲するらしい。)


絶対おしゃぶり卒業できるっ!



という事で、、、数日後 サミヤンがおしゃぶりを下に落とした。

そこで、作戦を決行!川 ̄∠ ̄川

 母「あれービンキー落ちちゃったね~!

   汚いから洗ってあげるね~!」

 サミヤン「うん。ビンキーきちゃない!きちゃない!」
      (汚い。ってさ~笑 あんたのお口周りの方がきちゃないで~ 苦笑)

 母ここで、からしを薄らぬってみた。(鬼?)

 母「はいっ!キレイになったよ~」

 サミヤン「ありがとうっ! 
   
      ・・・ からーーーーーい(TーT)!!!!」
      (もちろん、泣いております。)

 母「あらー?辛いの?おかしいね~

   もう一回キレイにしよっか?」

 繰り返すこと3回。。。

 サミヤン「(;_:)ビンキーからいっ!からいっ!」


勝者→鬼母!!!

敗者→無知の2歳児


荒技ではございますが、あれから数週間もうビンキーは必要ありません!


▲ドヤ顔の俺様。(長袖の服を着せたら袖をあげる始末。。。意味なし。。。涙)
スポンサーサイト

 育児奮闘

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。